インナーチャイルドと仲良くする方法


・こんにちは。

人体に油を塗るのが好きで好きでしょうがないアロマヒーリングコーデリアのおぐりんです。(語弊がありますね)


・私ごとではありますが(いやこのブログ全部そうなんだけど)、去年に引き続きうちで育てている胡蝶蘭からまた花芽が出てきました。


11月の頭頃にこのような酷い目(下図参照)に遭わされたにも関わらず、また咲く気になってくれた奇特な胡蝶蘭には本当に感謝しかありません。

それにしても、あまりにもすごい事をされると人間ってとっさに笑っちゃうもんなんですね……



「いいお天気にゃん…」


現実逃避をキメる犯人。

うん、我が猫ながらいい猫背だ。

去年は首にできたカサブタを執拗に剥がし巨大なハゲを作ってたのでハンカチ巻かれてた(治りました)。

前も落とされたし、なんか対策しないとなあ。



・なんだっけ。

 あ、前回の続きです!

 インナーチャイルドの話。




◾️インナーチャイルドと仲良くする方法



インナーチャイルドの概念の大まかな説明については前回をご参照ください。


・さて、インナーチャイルドと仲良くする方法なんですが。

その前にちょっと前回の補足。


・前回も書きましたが、インナーチャイルドは小さい頃の自分です。

 小さい頃の事を思い出してみてください。

 いろんなことが思い浮かぶと思いますが、結構「あれ買って欲しかったな」とか、「あの時構ってもらえなくて寂しかったな」とか、満たされなかった気持ちが出てくる方も多いんじゃないでしょうか。

インナーチャイルドは、思っている以上に普通に子供です。

特別ひどい環境で育ったとかではなくても「ガチャガチャをもっと回したかったのに一回しかさせてもらえなかった」とか「クリスマスケーキの上のサンタさんをもらえなかった」とか、そういう事に傷付いてそれがブロックになったりしてる事もあるんですよね。

大人目線で見ると仕方ないことだったり、教育として正しいことにも傷付いちゃうんです。

子供だから、理屈が通用しないんですよね。

私自身、「予想外のタイミングで1人にされて地獄のように寂しかった」みたい記憶が出てきたりしました。多分10分くらいの話なんですが。



・とはいえ上記は傷つき方としてはまだ軽いもので、本当にひどく傷付いているインナーチャイルドはとてもかわいそうです。

私も一応セラピストの端くれなのでほんとはかわいそうという言葉は使わない方がいいんですが、かわいそうとしか形容できないくらい傷付いているインナーチャイルドの方にたくさんお会いしました。


なんかねー、もうそのまんま、まだ小さいのに大人の暴言とか暴力とか支配とかでぼろぼろになってる幼児なんですよ。

それがお腹の中にいるんですよ。

そりゃ生きづらいし人生うまく回りませんわな、という…。

何をしてもしなくても、ただそこにいるだけで怒られたり虐められたりしてたら、人の目が怖い、自発的に何かするのが怖い、見放されるのが怖い、自分が何が好きか言うのが怖い…そりゃそうなりますよね。

 


・ただ、そういう風になっているインナーチャイルドは大抵の場合、最初はなかなかご本人に感知できません。酷い目に遭いすぎてちぢこまっちゃって、出てこなくなってることが多いんです。

子供(弱い存在)なせいで酷い目に遭ってるから、そこにいる事を知られない方がいいと思ってる子が多いように感じます。

「よその、インナーチャイルドケアのグループワークに参加したけどよくわかんなかった」というお客様もおられました。(インナーチャイルドがめちゃくちゃ縮こまってた)

 


・じゃあどうするかという話なんですが、一番手っ取り早いのはうちに来てアロマリーディング受けてください(身もふたもないダイマ)。

とりあえず最初の一歩のお手伝いはなんとかさせていただけるかと思います。

少なくてもインナーチャイルドが安心して目を覚ましてくれるまで、時間をかけていろいろさせていただきます。(うちは1日にお1人かお2人しかご予約受けないようにしてるのでお時間がマジでザルでございます)(それが自分的にベストだったのでいいのだ)

それか、そういうの受けられるところに行ってみてください。

 


・って言ってもハードルが高いので、ここからは自分でできること書いていきますね。



◾️セルフお母さんごっこ

 

はいこれです。 

そのまんまです。

自分で自分のインナーチャイルドに対してお母さん(または保護者)になってください。

字にするとバカっぽいんですが、これ上手くいくとめっちゃ効果あります。


やり方


・まず、インナーチャイルドを感じでみるんですが、感知できない場合はとりあえず「小さい頃の自分」のイメージでOKです。


で、「今の自分」は、その小さい頃の自分のお母さんになりきります。


本当にそれだけなんで決まりごとはないんですが、私が実際にやってたのを書いていきますね。


・私は最初は、普段の買い物にする時に「好きなお菓子を何か一つ買っていいよ」と話しかけてインナーチャイルドに選ばせてあげてました。

晩御飯の材料を買いに行く時とか、出先でお昼ご飯にプラスしてお菓子を買う時とか。

これ、インナーチャイルドが結構喜びます。

些細な事なので自分の抵抗も少ないし、日常的に何度もできる事なのでインナーチャイルドの警戒心を解くのにすごくおすすめ。


・ただ、これのせいで一時期子供向けのお菓子を頻繁に買うことになりました。まさか30過ぎてペロティチョコをかじる事になるとは思いませんでしたが思ってたより普通に美味しかったです。



・応用として、靴下を買う時に「どれがいい?」って聞いて好きな柄選ばせてあげてました。

あとは、外で何か食べる時のメニューなど。

とにかく、「何を選んでもOKな選択」はインナーチャイルドにさせてあげてました。

誰かといても脳内でやってるので、わかんないのも利点でした笑(急に趣味が3歳になったように見えたかもですが😂)


・で、そういうことをしてるとだんだんインナーチャイルドがいるのがはっきりわかるようになってくるので、そうなったら今度はイメージの中で一緒に遊んだり、甘えさせてあげます。


いい子だね、かわいいねー!と思い切り抱きしめてあげたり(大きめのぬいぐるみをインナーチャイルドに見立てて抱きしめるのがオススメ)、子供の頃の辛かったことを思い出してしんどくなったら「よし、一緒にどっか逃げて楽しく暮らそっか!」って連れ出してあげたり(イメージの中でもいいし、本当にどこか行ってみるのもOK)


・これも寝る前とかふとした時とかでいいですし、インナーチャイルドが泣き出したら自分も涙が出る時がありますが、そういう時は止めないで思いっきり一緒に泣いてOKなので。

とにかくインナーチャイルドを安心させてあげるのが目的。

イメージの中なら何しても自由なので、頭の中で安心できる家建てて好きな家具置いて、小さい頃の自分と一緒にご飯食べたり遊んだりお風呂入ったりのイメージワークもすごくいいと思います。

実は妄想の癒しの力ってすごいです。


・あとは、おもちゃ屋さんとか行くと楽しかったなー。リカちゃんとかシルバニアファミリーとか、一緒に見てるだけですごく癒されましたし、どうしても欲しければ大人の財力で買っちゃうのも自由なので笑



・で、一時期ずっと脳内でそんなことしてたんですが、今は私はほとんどしていません。


なんか、元気になったインナーチャイルドが今の自分とかなり一体化したようで、意図しなくてもインナーチャイルド(自分)が喜ぶ選択をできるようになってきたみたいでして。


これは、私がアロマオイルをたくさん持ってたりとかヒーラーだからとかじゃなくて、本当にどなたでもできます。


良かったらやってみてくださいねー。



◾️インナーチャイルドが喜ぶアロマ


一応アロマサロンなのでアロマの話もしとくと、インナーチャイルドが喜ぶのはシングルオイルだとオレンジイランイランです。他にもありますが、手に入りやすいのはこの二つかなと。


あと、ヤングリヴィングのオイルをお使いでしたらワイエルチャイルドというブレンドオイルがインナーチャイルドに特化してます。


いずれもおへその下あたりに塗って、お腹の中のインナーチャイルドに届けるイメージでいっぱい薫ってみてください。



・なんかそんな感じです(長文に疲れて雑になるパターン)


・上手くいくと本当に心が落ち着くので、皆様良いインナーチャイルドちゃんと素敵な毎日を送ってくださいね🧡


・いくらなんでも長すぎる。

最後まで読んでいただいてありがとうございました😂








© 2019 by AromaHealingCordelia 当サイトの文章・画像の転載を禁止します。

  • Twitterの社会のアイコン