妖怪水飲ませからのご連絡~ポッ○レモンはアリかナシか~

最終更新: 2019年7月20日





こんばんは。


湿気への耐性がポテチのそれと五分のアロマヒーリングコーデリアのおぐりんです。

しなっしなですが今日も元気に生きてます。


さて、一個前の記事のご参加ありがとうございます。

明日の明け方から始まりますので、ご参加の方は長丁場になりますがよろしくお願いいたします!



で、今回の記事は普段からお伝えしてる事のダメ押しです。


今回の長期間遠隔ヒーリングご参加の皆さまにもお伝えしましたが、普段からサロンにお越し頂いた方にもお伝えしてる内容になります。

前のブログでも書いたしこっちに引っ越してきてからもなんか書いたような気がするんですが、もうわからん(記憶喪失)。

ぜひ一緒に記憶を喪失して頂いて、新鮮な気持ちで読んでください☆(無茶を言う)



こういう、私がやってるようなスピリチュアル系のヒーリングについて回る言葉として「好転反応」というのがあります。

ものすごく雑にいうと、「ほったらかしだった体(もしくは心)がちょっと労ってもらったせいで『そう言われたらめっちゃしんどかったわ!今気が付いたわ!』と主張し始めて、受ける前より余計しんどくなる」みたいな現象です。

マッサージ的な事とか食事改善的な事だと主に身体的に起こるんですが、私がやってる系の事だと感情的に出てくる事が多いようです。

急に昔の辛かったこと思い出したりとかですね。

この記事の私の反応とかは激烈に出た例だと思います。

(ひどい場合は感情だけでなく、だるくなるとかお腹の具合が悪くなるとか、あとは風邪の初期症状みたいな形でも出てきますが)(あ、ちなみにあんまりひどかったら普通に病院行って下さいね)



で、この好転反応を軽減する方法としてですが、お水をたっぷり飲むこととたっぷり寝る事をオススメしています(地味)(でも自分で出来ることしてはそれが一番確実)。


その時にお水に入れて頂きたいのがレモンです。

ヤングリヴィング(か、食品の香りづけに使っても大丈夫な精油メーカーさん)の精油お持ちでしたらお水にレモンの精油。

なかったら、国産の無農薬レモンを切って皮ごと絞った物(柑橘類の香気成分は皮の中にあるので)。


精油・・・というか、植物にはそれぞれテーマがあるんですが、レモンの持っているテーマは「自分の本質そのもの」みたいな感じです。

スピ系のヒーラーが何をお手伝いしてるかというと、結局は「生きてきた中で学習した事や、世間のしがらみなんかで抑え込まれてしまった本当の自分を目覚めさせること」なんですよね。

そこで、本当の自分を刺激して思い出させてくれるレモンなわけですよ(もっと詳しく語ると他にも理由はあるんですが、まあざっくりこんな感じ)。


はい、ここまでが前振りです。(長えwww)


ここまでのお話はリアルでもネットでもよくしてるんですが、これに対してちょいちょい頂く質問があります。

それがこちら。




「ポッ○レモンでもいいですか?」




あれですね、レモンの形の容器or緑のビンに入ってる事でおなじみの日本でもっとも有名

なレモン汁ですねw



えーと、あれは、、

結論から言うとナシです。


加工食品が体に悪いからとかじゃないんです別に。

調べたらレモン果汁と香料だけみたいですし。


じゃあなんでダメかというと、あれレモンとしては生きてないんですよ。


動物でも植物でも、生きているものには「気」があります。

お魚でも野菜や果物でも、採れたての物(さっきまで生きていた物)っておいしいですよね。

あれは気を頂いてるからなんですよね(熟成肉のうまみが増えるのとかはまた別の話)。


この自然の気みたいなものは、加工から時間がたったり加工度が高いと薄くなる傾向があります。

おせち料理なんかは伝統的に味付け濃い目加熱しっかりめの保存優先レシピなので、素材がもともと持っていた気はかなり薄くなってたりします。

なので、おせちが続いた後には「さっきまで生きていた草にさっと火を通しただけの七草粥」でリフレッシュするというというのは先人の知恵なんですよね。


で、ポッ○レモン。

あくまでも私の感覚ですが、植物としては完全に死んでいるなと感じます。

調味料としてはすごく便利ですが(うちにもあるよ)。


精油も植物を加工したものですが、周波数を測定する装置で計るとそれぞれ違った結果が出るんですよ。周波数というのは、生き物や植物から出てる波動のことです(怪しい言葉ではなく、普通に誰からも出てます)

精油(エッセンシャルオイル)というのは植物が生きていくために作り出した命の成分をそのまま抽出したようなものなので、適切な手順で作られた精油はまだ生きているんですよね。


レモン精油をお水に入れるのは、正確に言うと「レモンの持ってる『本当の自分を刺激する周波数』で本当の自分を目覚めさせる」のが目的なわけです。

なので、生のレモン(生きてる)はアリだけど、ポッ○レモン(死んでる)はナシ。

ナシというか、入れる意味がないというか。

感覚の話なので説明しにくいんですが、生の果実のレモンとポッ○レモンをそれぞれ実際に見たり手に取ったりした時の感じの違いといいますか。

なんか違うのおわかりいただけますかね。。


というわけで、

何も入ってないお水よりもポッ○レモンを入れた方が飲みやすければほんの少し入れるのもいいかもしれませんが、正直何も入れなくても同じなので、お水に入れて飲むためだけにポッ○レモンを買うなら別に必要ないかなと私は思っております。

逆に生のレモンなら入れる意味は大いにあります。


ちなみにサロンでは、レモンよりオレンジが必要そうな方ならオレンジ精油入れてお出ししてますし、ライムやグレープフルーツの時もあります。


ともあれレモン<水なので、難しく考えずお水いっぱい飲んで下さいねー。

ちなみに、普通の揉みほぐしやマッサージなどを受けた後もお水しっかり飲むと揉み返しが来にくくなるのでおすすめです。



あ、でも、短時間で超大量に飲むと水中毒(低ナトリウム血症)という症状になるのでほどほどに・・・。

(1~2時間で数リットルとかなのでさすがにそんなに飲む人はいないと思いますが)



そんな感じで(?)、妖怪 水飲ませからのご連絡でした。


なんか今回文章にしたけどやっぱ漫画描いた方が早いな(笑)





© 2019 by AromaHealingCordelia 当サイトの文章・画像の転載を禁止します。

  • Twitterの社会のアイコン